So-net無料ブログ作成

「空」寄稿文 [ワイン]

 高畠ワイナリーの季刊誌として発行している「空」で川邉が書いた記事をご紹介いたします。

 『勘違いとホント 其の壱』
  
“酒は百薬の長”ですが、ワインも健康に良いというのもご存知でしょう。1992年に研究者が、「フランスなどワイン消費国では、乳脂肪や肉類、動物性脂肪を大量に摂取するのに、心臓病の死亡率が低いが、これは赤ワイン中のポリフェノールが、動脈硬化を抑制している。」と発表し、それが世界中で「フレンチパラドックス(フランスの矛盾)」として広まった結果、それまであまり赤ワインを多く消費してこなかったアメリカや日本などで、赤ワインの消費が爆発的に伸び、「赤ワインブーム」となりました。このとき、流行語になったポリフェノールは正式名称ではなく、数多いフェノール化合物を分かりやすく表わした総称で、特にレスベラトールという赤ブドウの皮に多く含まれるポリフェノールが、動脈硬化や発がんを抑制すると証明され、赤ワインの消費を後押ししました。

レスベラトールは抗酸化物質で、体内で活性酸素を取り込むことで、細胞の酸化≒老化を遅らせるとともに“長寿遺伝子”を活性化し、:最良の健康維持増進が期待できる摂取量は一日あたり10mg以上のようです。 ただし、これはレスベラトール単体に関する研究結果で、これを1リットル中にレスベラトールを0.2~5.8mgしか含まない赤ワインから摂取しようとすると、一日あたり1.8~50リットルの赤ワインが必要となり、長寿遺伝子を活性させるどころの話ではなくなります。 そのため、現在では、一日あたり2~3杯程度の赤ワインが適量で、さらにレスベラトールによる健康維持増進を期待したい場合は、市販のサプリメントでレスベラトールを補うことが専門家から推奨されています。

しかし近年、赤ワインの新たな効能が発見されました。これはアメリカの学術誌『ジャーナル・オブ・ウイメンズ・ヘルス』に掲載されたもので、研究者らは赤ブドウのレスベラトールが、閉経前の女性のエストロゲン量を減らし、テストステロン量を増やすことから、乳がんのリスクを軽減できる可能性が高まるというものでした。この研究で被験者となった女性のグループが、一か月間に毎晩飲んだ赤ワインの量は200mlとワイングラス一杯分とほぼ同じで、15日おきにホルモンレベルを調べたところ、この結果が判明し、研究者らは「もし夕食時に一杯のワインを飲む機会があれば、赤ワインを選んでみるといい。」としています。 
「一日一杯の赤ワインが乳がんを予防する!」

“To Be Continued”.(そして、物話はつづきます…)


にほんブログ村 酒ブログ ワインへ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村



nice!(3)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 3

コメント 1

王島将春

はじめまして。福井市在住の王島将春(おうしままさはる)と言います。聖書に書かれている預言を伝える活動をしています。

間もなく、エゼキエル書38章に書かれている通り、ロシア・トルコ・イラン・スーダン・リビアが、イスラエルを攻撃します。そして、マタイの福音書24章に書かれている通り、世界中からクリスチャンが消えます。その前に、キリストに悔い改めて下さい。2020年を悔い改めの年にしてください。携挙に取り残された後のセカンドチャンスは、黙示録14章に書かれています。

川邉さんが悔い改めたら、3つの事をお願いしたいです。

1.日本全国のワイナリーの職人達に、キリストを伝えてください。

2.Quやワイン王国などのワイン雑誌の編集長に、イスラエルワインの特集を掲載してほしいと伝えてください。

3.私(王島)の父に、川邉さんの知る限りの最高級のワインを、プレゼントしてあげてほしいです。

1は特に補足不要だと思いますので、2と3について補足します。2の目的は、ずばり、ローマ書15章27節です。私達異邦人は、ユダヤ人に対して甚大な借りがあります(甚大という言葉では済まないくらいに)。なので、イスラエル産のワインや、ユダヤ人が生産したワインを、日本の人達に飲んでもらう事は、彼らを経済的に祝福する事に繋がります。これが2の目的です。それとは別に、付随した効果があることとして、読者がイスラエルに興味を持ってもらうことで、イスラエルへの旅行者が増えて、聖書の御言葉に対する確信が深まります。つまり、長きに渡り流浪の民だったユダヤ人に対して、神が誠実を尽くされたがゆえに、1948年にイスラエルが建国され、ユダヤ人が帰郷して、繁栄を与えたということです。実際に自分達の目でイスラエルの繁栄ぶりを確認することで、同時に神が誠実な方であることも確認することができます。これは信仰を建て上げる上で極めて有益なことです。

3については、私の個人的な願いなので、出来たらで良いです。私の父は酒が好きで、毎日のように酒を飲んでいます。正直なところ、酒ばかり飲んでいる父を見るのは辛いのですが、どうせ酒を飲むなら、もっと上等な酒をたしなめば良いのにと思ってしまいます。しかし、飲むのはいつも、レモンが弾けたようなラベルが印刷されたアルミ缶チューハイ的な安酒です。勿体ないと感じております。なので、上等なワインを飲んで、もうちょっと日々の生活の中で、味覚や嗅覚を先鋭化してあげてほしいです。漫然と酒を飲むのではなく。それを父に対して願っています。

最後に、1について、やはり補足します。ご存知の通り、イエス・キリストのみが唯一の道であり、唯一の真理であり、唯一の命です。彼を通らなければ、誰一人として、天の父のもとに行くことはできません。だからこそ、キリストを伝えることは、説明や補足が不要な当たり前の行為(当たり前にしなければいけない行為)だということでした。ただ、補足するとするなら、千年王国のことです。

携挙の7年後にキリストが再臨して、千年王国が開始されます。千年王国では、キリストはエルサレムにとどまりますが、もしかすると、来日することもあるかもしれません。そこで、来日する際に、彼に何を振舞うかがポイントになります。いや・・・まあポイントうわけではありません。大事なのは霊と誠をもってキリストをお迎えすることですので、別に紙コップに蛇口の水を入れて渡しても良いとは思います。真剣にそう思います。霊と誠が大事だと思うので。ちなみに、キリストは神なので、喉が渇きません。それは置いておくとして、話をもとに戻しますが、どうせキリストが来日されるのですから、なにか日本的なものを出したいと思うのが、日本人的な感性だと思うのです。きっと最初は日本茶を出すことになると思いますが、夜の晩餐で、日本茶はちょっと考えものかな、とも思います。やはりここは日本産のワインを晩餐で振舞うべきだと思っています。ここまで言えば何が言いたいのかお分かりだと思います。現在、地上で生きている、日本のワイナリー職人達がキリスト救い主として信じることで、彼らは神の国に行き、千年王国に辿り着くことになります。そうすれば、日本産ワインの製造が出来て、きたる来日の時に備えることが出来ると言うわけです。

キーボードを打つのが辛くなってきたので、これで終わりにします。よろしくお願いしました。
by 王島将春 (2020-01-05 18:38) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます